タイトル別 聖書 おもな時代区分に、巻分けしています。
 

口語訳聖書に、話ごとに、見出し(タイトル)をつけてみました。
 旧約聖書(口語訳) 

 時代区分 物語性のある書巻   詩や格言 ▲ 預言書
 1、族長時代   創世記 / ▲ヨブ記    
 2、出エジプト 出エジプト記、▲レビ記民数記申命記    
 3、約束の地攻略・士師時代  ヨシュア記 / 士師記 / ルツ記    
 4、王国時代  サムエル記 上巻 下巻
 列王紀 上巻 下巻
 歴代志 上巻 下巻
 ヨナ書 
 詩編 / 箴言

伝道の書 / 雅歌 
 アモス書 / ホセア書 / ミカ書 / ナホム書
ゼパニヤ書 / ハバクク書 / ヨエル書 / オバデヤ書
 イザヤ書 / ▲エレミヤ書 / エゼキエル書
 5、バビロン捕囚・ペルシヤ帰還時代   ダニエル書 / エズラ記 
 エステル記 / ネヘミヤ記
 哀歌  ハガイ書 / ゼカリヤ書 / マラキ書 

 旧約聖書〜新約聖書の間、預言者マラキを最後に、預言が止んだ中間空白時代。

 新約聖書(口語訳)

・4福音書
 マタイによる福音書マルコによる福音書
 ルカによる福音書ヨハネによる福音書
 救い主の到来。
 使徒行伝   クリスチャンたちの福音(永遠の命)宣教。
 ローマ人への手紙
 コリント人への手紙 第一 第二
 ガラテヤ人への手紙
 エペソ人への手紙
 ピリピ人への手紙
 コロサイ人への手紙
 テサロニケ人への手紙 第一 第二
 テモテへの手紙 第一  第二
 テトスへの手紙
 ピレモンへの手紙
 ヘブル人への手紙
 使徒パウロによる手紙。
 ヤコブの手紙
 ペテロの手紙 第一 第二
 ヨハネの手紙 第一 第二 第三
 ユダの手紙
 パウロ以外の手紙。
 ヨハネの黙示録   やがて来る、終末(世界の終わり)の啓示。



- 聖書の読み方の助言 -

聖書通読で、難しく、読みにくいとされる箇所が、
長い系図、建築設定、律法祭儀規定、啓示や預言、また、気が滅入る話」だと、よく言われています。
それらの部分で、聖書通読を挫折してしまう人は、少なくありません。

通読で難易度の高い所は、▲印をつけています。
読みにくい人は、その部分を飛ばして読んでみてください。
慣れて読む気になったら、挑戦しましょう。

系図がある場合、図を入れてあります。
もし、系図がわからなくて飛ばしても、話中である程度、関係図がわかります。


※ヨブ記の時代は、族長からペルシヤ時代まで諸説あり、今のところ、不明とされています。
推測ですが、

・何族と書かれていない(友人たちも)・・たいてい、12部族以降の時代は、○○族と書かれる。
・多くの家畜がいて、定住のように思えない・・定住すると、農耕を始めたりする。
・風が吹いて倒れる家が、天幕のように思える・・定住した固い家なら、風では倒れないはず。
・ヨブが祭司か不明だが捧げ物をしている。(しかし、祭司家系なら酒を飲んではいけないはず・・とすると、律法規定前と予想。) 

を考えると、自由な族長時代が妥当かと思うので、とりあえず、ここでは族長時代に配分します。


inserted by FC2 system