マラナタ
 

 黙示録
22:17御霊も 花嫁も 共に 言った、「きたりませ」。
 また、聞く者も 「きたりませ」と 言いなさい。
かわいている者は ここに 来るがよい。いのちの水が ほしい者は、価なしに それを 受けるがよい。





21:24諸国民は 都の光の中を 歩き、地の王たちは、自分たちの光栄を そこに 携えて来る。

21:25都の門は、終日、閉ざされることは ない。そこには 夜が ないからである。
21:26人々は、諸国民の光栄と ほまれとを そこに 携えて 来る。
 21:27しかし、汚れた者や、忌むべきこと 及び 偽りを 行う者は、その中に 決して はいれない。
はいれる者は、小羊のいのちの書に 名を しるされている者だけである。

 22:1御使は また、水晶のように 輝いている いのちの水の川を わたしに 見せてくれた。
この川は、神と 小羊との 御座から 出て、 22:2都の大通りの中央を 流れている。
川の両側には いのちの木が あって、十二種の実を 結び、その実は 毎月 みのり、その木の葉は 諸国民を いやす。

22:3のろわるべきものは、もはや 何ひとつ ない。
 神と 小羊との御座は 都の中に あり、その僕たちは 彼を 礼拝し、
22:4御顔を 仰ぎ見るのである。彼らの額には、御名が しるされている。
22:5夜は、もはや ない。あかりも 太陽の光も、いらない。
主なる神が 彼らを 照し、そして、彼らは 世々 限りなく 支配する。





黙示録
22:20これらのことを あかしするかたが 仰せになる、
「しかり、わたしは すぐに 来る」。

アァメン、主イエスよ、きたりませ。

22:21主イエスの恵みが、一同の者と 共に あるように。

inserted by FC2 system