汚れた花嫁


主よ、どうしてこの花嫁は、ボロボロなのでしょうか?
黒くすす汚れ、所々に破けがあるドレスを来て、本来のドレスの白さの輝き、美しさがない。

どうして、この花嫁は傷んでいるのでしょうか?

顔も体も腫れ上がり、傷だらけで、足には枷がついている。
花嫁はただ落ち込み、下を向き、座り込み、歩くことさえできない。


主よ、この傷んだ花嫁にあなたの油を塗って、傷を癒してください。
彼女の腫れ上がって見えなくなった目に、あなたの目を見させてください。

彼女の腫れ上がった顔を包み、あなたの喜びで輝かせて、
腫れた口に、あなたへの賛美を満たしてください。

黒くなった花の飾りの付いたベールを、あなたの光で輝やし、
それが彼女の全身を覆い、あなたからの愛で輝かせてください。

恥となった衣を、あなたの愛の血潮で染めて洗い、拭い去ってください。

彼女の足の枷を外し、自由にしてあげてください。
そして、歩けなくなった足が、歩けるようにしてください。


そうして、彼女は花嫁としての威厳を取り戻し、
主よ、あなたへの愛によって輝くでしょう。


2013/1/16






inserted by FC2 system