ゲッセマネ

1、ゲッセマネ ゲッセマネ 血の汗 流れ
ゲッセマネ ゲッセマネ 滴り 落ちる
ゲッセマネ ゲッセマネ 苦しみ もだえ
ゲッセマネ ゲッセマネ 切に 祈る

父よ 杯を除きたまえ しかし 御心を成したまえ

(間奏)

※ゲッセマネ ゲッセマネ 悲しみ祈る ゲッセマネ ゲッセマネ 目覚めて祈れ
時が迫り 十字架につく 預言が今 成就する Ah・・
イエスの十字架 私のため イエスの血潮 私のため・・・Ah


2、エルサレム エルサレム 神の都よ
エルサレム エルサレム メシヤは 来た

もしも その時に 知っていたなら・・・  神のおとずれの時を 悟れ

めんどりが ヒナを集めるように 
主は 幾たびも 集めようとした

主の御名によって 来たる方に「祝福よ、あれ」と 主を迎えよ


御心が成るように 御心が成るようにしてください 父よ Ah・・
イエスの十字架 私のため イエスの血潮 私のため・・・




 テーマは、「いったい、だれが、神のことを思ったことがあるか?」です。
「神の涙」も同じテーマです。
 イエス様がペテロに「あなたは、神のことを思わないで、人のことを思っている」と言われました。
ゲッセマネでも祈るように言われても、弟子たちは眠ってしまいました。
 ただ、一人、孤独の中で、これから起こることを知っておられ、「血の汗」「血のような汗」どちらでも良いですが、
とにかくとても苦しんで祈られた。
イエス様・・と言うと、十字架!とすぐ連想しますが、
それだけでなく、その前にも、この「ゲッセマネ」でも闘っておられた、
苦しんでおられた事実を、忘れてはいけない。

 そんな中で、「エルサレムの娘たち、私のためでなく、あなたたちのために泣け」と
十字架直前でも言うほど、自分のことよりも、とにかく人を愛された。

 そんなイエス様の心情に少しでも触れたい・・そんな歌です。

inserted by FC2 system