神の涙」 作詞作曲 主ノ歌姫

1、神の涙が こぼれおちる
すべての人を ゆるすために

小羊のような イエスの血潮を
おしみなく 注がれた

※あふれる 神の涙
 十字架の上に 命をささげた
 あふれる 父の涙 主イエスの涙 御霊の涙


2、神の恵みが開かれている すべてのものを満たすために
小羊のような イエスの命を 限りなく 与えられた

※満ちてる 神の愛が 十字架の上で 祈りをささげた
 あふれる 父の愛が 主イエスの愛が 御霊の愛が


あふれる 神の愛が・・・





「優しい雨」のカップリング曲で、対になる曲で与えられました。

テーマは、
いったい、誰が、神の事を思ったことがあるだろうか?

マタイ16:23
あなたは、神の事を思わないで、人の事を思っている」。

救いの喜びは、喜ばしいものだけれど、
その一方、神が払われた、惜しみない犠牲、愛を、考えてみたことがあるだろうか?
神の涙は、主イエスの救いのご計画によって、極まったと思います。

「父よ、彼らをゆるしてください」と、十字架で祈られた、イエス様。
ゲッセマネでも言われたように、あまりの苦しみは、体だけでなく、心も。
身も心も、神の涙が極まった主イエスのあがない。

「こぼれおちる」は、主イエスの受肉を意味してます。


ヘブル5:7
キリストは、その肉の生活の時には、激しい叫びと涙とをもって、
ご自分を死から救う力のあるかたに、祈と願いとをささげ、
そして、その深い信仰のゆえに聞きいれられたのである。


栄光在主!

inserted by FC2 system