天国は本当にある

ここは なんて素敵な場所 天国は本当にある

痛みも悲しみももう無いの 神がともにおられるから

ここは なんて素敵な場所 天国は本当にある

呪いも暗闇ももう無いの 神の光がすべてを照らす


そこは、神がおられる場所 天国は、神さまの国

イエスにあがなわれた者が 入ることができる

そこは、神がおられる場所 天国は、神さまの国

病や死ぬことはもう無いの 愛と喜び 平和が溢れ・・・


もう死ぬことは無い 死は滅ぼされ 永遠に生きるの
いのちの書に記された名前 なんて幸い

勝利を得る者、報いを受けよ

勝利を得る者 ×2、報いを受けよ ×2
勝利を得る者 ×3、報いを受けよ ×3
勝利を得る者 ×4、報いを受けよ ×4
・・・なんて幸い

もう夜は無い、神が光になり 永遠を生きるの・・・

いのちの書に記された名前 なんて幸い




これも、私の霊の耳では、壮大なオーケストラの伴奏が聞こえる賛美です。
バイオリンが主流かな。
間は、つめて歌っていますが、本当はバイオリンの調べが合い間にそれぞれあって、
バイオリンの間奏にあわせて、次に歌い出します。

勝利を得る者・・は、輪唱で、歌い合わせる部分です。
4ということは、ケルビムが互いに歌い交わしているようなイメージでしょうか。

inserted by FC2 system